天パ速報

おーぷん2ちゃんねる内のおもしろい記事や話題を短くまとめてます。                             よければ見ていってください☆


アニメ / 映画 / 漫画 / 特撮

1: secret name@シクトク 2016-11-22 10:15:50 ID:
俳優の山崎賢人(22)、女優の広瀬アリス(21)が、人気小説を実写化する映画『氷菓』(2017年公開)でW主演することが21日、わかった。山崎は、“省エネ主義”の高校1年・折木奉太郎、広瀬は好奇心のかたまりなお嬢様・千反田えるを演じる。

米澤穂信氏による原作シリーズは、累計205万部を突破。コミックやアニメなどメディアミックスもされ、舞台となった飛騨高山はファンの間で“聖地”となるなど、盛り上がりをみせている。

 姉の命令で廃部寸前の古典部に入部した奉太郎は、“一身上の都合”で入部してきた美少女・えると出会う。彼女は一見、清楚なお嬢さまだが、「わたし、気になります!」と言い出すと誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。巻き込まれた奉太郎は、眠っていた推理力を発揮。そんな奉太郎を見込んだえるは、「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」という依頼をする。

 “学生探偵”に挑む山崎は「この物語自体ミステリー要素もあり、それ以上の要素も楽しめるお話でした。その中で折木という役は“無駄なことが嫌いな省エネ主義者”という人物なので、感情や動きに無駄が無いように気をつけました」とコメント。

 インターネット上でも高い人気を誇るヒロインを演じる広瀬は「オファーをいただいた際は素直にうれしかったです。久々の制服ということにも少しテンションがあがりました」と喜び。「アニメや漫画のイメージが大きくなってしまいがちですが、あくまで今回は小説の実写化なのでクランクインする前に何度も何度もリハを重ねて、監督とも“千反田える”という女の子について話し合いました」と明かし、3回目の共演となる山崎とは「いい意味で緊張せず、お互いを高めあいながらお芝居できたと思います」と話している。

 メガホンをとるのは、『バイロケーション』『劇場版 零~ゼロ~』の安里麻里監督。飛騨高山でもロケを行い、原作が持つ雰囲気を大事にしながら撮影を行った。

http://news.livedoor.com/article/detail/12315331/


no title


【人気小説「氷菓」実写化 山崎賢人と広瀬アリスがW主演】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)11:05:37 ID:ws3
・受け持った第七班が崩壊。監督不行き届き
・唯一弟子のサスケが里を抜け大蛇丸のもとへ。結果重犯罪者に
・ナルトとサクラは自来也・綱手を慕い教え子ががいなくなる。ひとりぼっち
・キモい本を堂々と読み歩く
・天才忍者の親父もイジメに耐えきれず自殺した忍の資格なし
・再不斬戦でドヤ顔してた写輪眼はオビトからもらっただけだった
・下忍の助けがなかったら水牢の術で死んでた
・「いくらアンタでも刺し違えることぐらいはできる」→結果大蛇丸にビビって一歩も動けない
・カブトからは「ごとき」呼ばわり。しかも1vs1なのにまんまと逃げられる
・イタチ戦。アスマと紅に奴の目を見るなと指示。奴の写輪眼と戦えるのは写輪眼を持つ俺だけだ!→一瞬で戦闘不能→ガイに助けられる。イタチ「ガイはヤバいから逃げよう」鬼鮫「確かに」
・暁を一人も仕留められない。デイダラに逃げられる
・角都戦。角都相手に劣勢→軽く殺されかける→ナルトに救われる。ナルトが様子見してたら死んでいた
・ペイン襲来。前線で迎え撃つ→ナルトが助けに来られなかったから死亡。ち~ん(笑)
・ちゃっかり蘇生する。死んでた方がよかった 作者の依怙贔屓 聖域 生き恥 生き地獄
・マダラ戦。ついに立ってるだけ→元ライバルのガイ登場→マダラを圧倒する姿を見せつけられる
・カグヤ戦。ナルトとサスケは前線で戦闘。オビトは二人をサポート。サクラはオビトをサポート。カカシはそれを見てる。
・ついに活躍の場が生まれる。それはナルトとサスケの盾になること。「リン…俺もオビトもそっちへ行くよ…」→オビト「カカシは邪魔だ」→死んでた方がよかった

【NARUTOのカカシ先生の活躍シーンwwwwwww】の続きを読む